映画・小説の感想棚

映画、小説、アニメなどの感想。作品によって文章量はまちまち。下部よりタイトル検索可能。

Q10 1

主演:佐藤健

校長が拾った女子ロボットを
見つけた体の弱い高3平太は、
彼女をQ10となずけると、
ずっと後ろをついてきて…!!

世の中を冷めた目で見る平太、
体が弱くて2年連続
留年が決定した久保、
貧乏で学費も払えていない藤岡、
上に逆らってまで藤岡を
救おうとしない担任小川、
クラスの地味女を好きな
クラスの中心的人物影山、
それぞれ悩みを抱えながら
生きている中、無知なQ10
平等な目で各人物を見ていく…!!
平等な目で見るから、
面倒ごとにかかわろうとしない
平太に疑問を持ったり、
しょうもない落書きにも初めて
見るものだから興味持つし、
ところどころハッとさせられる。
中盤、Q10が、
「藤岡まことの名前を呼んでもらう。」
と藤岡を追いかけて行き、
最終的にちゃんと、
「藤岡、元気か…?
あ、これ独り言だから。」と
母のやり方をそのままする担任が
ほほえましかった。
平太が何気なくQ10に教えた町のことが、
終盤、元気がなかった
久保の場面でいかされてて、
脚本の木皿さん独特のエピソードで
すごく好き。
助けを呼ぶ時代劇を熱心に見てる
Q10のさりげないシーンも、
ちゃんとあとから意味を持つしね。

平太にしろ藤岡にしろ久保にしろ、
1話のテーマは、
「周りに迷惑をかけたくない。」
という人たちの話やったと思う。