映画・小説の感想棚

映画、小説、アニメなどの感想。作品によって文章量はまちまち。下部よりタイトル検索可能。

名探偵コナン 紺青の拳

京極誠の空手の大会を見に
シンガポールへ来た蘭たち一向、
そこである女性弁護士が殺され…!!

【ネタバレ】

うーん…、私がばかだから、
本当に理解できなかったな、事件とか…。
いまだに私は、コナンやしんちゃんには、
分かりやすくて団結した物語を求めてしまう。
天国へのカウントダウン」や、
「ベイカーストリート」のように。
古い映画を並べる私のセンスが
もう古いんだろうか…。

今回は、シンガポールでのお話。
蘭と園子と小五郎と新一は、園子の恋人?
京極さんの空手を見るためにシンガポールへ。
新一は怪盗キッドが変そうして蘭のそばにいる。
コナンは、アーサーという現地の子どもとして、
蘭たちと行動をする。
最後まで…。
結局この映画中蘭とコナンは
交われへんのかいっていう。

事件としては一貫してるかもしれないけれど、
昔のコナン映画ファンとしては、
とっ散らかっている印象。
コナンは、蘭たちにとって
コナンと認識されずに行動しているし…。
灰原哀は今年も、博士の家で情報を
調べてくれる便利キャラになっている…。
灰原哀の仕事、
灰原哀である意味ある?っていう。

派手シーンはインフレがすごい。
昔は…、ってまた昔の話だけど、
昔のクライマックスはビルから落ちたり、
ビルから車で飛んだりしていた。
しかし今回のクライマックスでは、
シンガポールの有名なホテル
「マリーナベイサンズ」の上部が
滑り落ちていた…。
もうついていけませぬ…。
滑り落ちていくところにコナンたちは
いてるのに無傷なんだから、共感もできませぬ…。

なんだかここ最近のコナン映画は、
女性ファンに向けて描かれているように思う。
から紅では、平次×かずはが。
ゼロの執行人では、安室さんが。
今回の紺青では、京極×園子と、キッドが…。
んー…、安室さんはあざとさが見えたというか。
あと今回の京極さんも、優しいキャラだけど、
輩といはいえ一般人に自分のこぶし
振り回すのどうなのっていう…。
強い人だからこそ、
そういうのってしたらいけないことなんじゃないの?
って思ったら、
京極さんにも魅力を感じなかったしな。
私も割と漫画など
キャラクターには萌える方だけど、
「安室だからかっこいいだろ。」みたいな。
上記の3作品、ハナからキャラのブランドを
当てにしているような見せ方してるように見える。
ひねくれてるかなぁ…。
まぁキャラ萌えはなかったなぁ。

あと事件がちゃんとしすぎてて、
セリフがいっぱいあった。
巻き戻したいくらい、理解できなかった。
せっかくの映画なんだから、
うおー!!と興奮するようなの見たかった。

蘭ちゃんの戦闘シーンは良かったな!!
これも毎年ある。
なんで女性の戦闘シーンって
こんなに惹かれるんだろう。
スカートと髪がひらりと舞いながら、
大きい男にけりやパンチをくらわす蘭!!
本当に好きだ!!
さりげなく助太刀する
毛利小五郎もよかったな!!

シンガポールのアニメの景色も
とてもきれいでよかった。