映画・小説の感想棚

映画、小説、アニメなどの感想。作品によって文章量はまちまち。下部よりタイトル検索可能。

ももこの話

さくらももこ

さくらももこさんの

子供の頃の話。

爆笑!!

笑うなっていう方が無理!!!

めんどくさがりのももこと

口うるさいお母さんと

しっかり者のお姉ちゃんと

なにも考えていないヒロシ。

普通のことやのに

すごい面白おかしく

書かれてる!!

なのにたまに、ジーンって

くるとこもあって、

気分沈んでるときに読んだら

(少なくとも私は)癒される!!

Kiroroを聴いてる感じの

心地いい暖かい気分。

【再読】

最近実家暮らしをしていて、特に新しい本もなかったので、昔に買ったさくらももこさんのエッセイを引っ張り出して、通勤や休憩中に読んでいました。

やっぱり面白い。

普通に笑うもんなー。

さくらももこさんのエッセイは、旅だったり、息子さんとのだったり、いろいろあるけど、子ども時代の話が一番笑える。

一番はやっぱり、お風呂でまるこがヒロシに歌謡曲を教える話かなー。

ヒロシのキャラを知ってるから余計面白い。

改めて読むと、まるこはあの家庭でよく日本を代表する漫画家になれたな、と思う。

まるこの好奇心をブチブチ摘み取っていく母と、娘たちに無関心な父と、冷めた姉。

現代で言う、個性を伸ばす教育、みたいなものは、あの家庭では何一つ見られない。

だけどまるこの好奇心は、踏まれても死なない雑草のごとく、勝手にぐんぐん伸びていく。

…家族のみんなが踏んでいくから反発精神で伸びるのかな。

まるこの精神が素敵で、面白かったです。

本はハードカバーだけどそこまで大きくなくてもち運びにも便利でした。

表紙の深い赤色もかわいい。