映画・小説の感想棚

映画、小説、アニメなどの感想。作品によって文章量はまちまち。下部よりタイトル検索可能。

トビー・ロルネス 空に浮かんだ世界

ティモテ・ド・フォンベル

全長1.5mmの

トビー・ロルネスは

木の世界にすんでいて…。

1.5~2.0mmの人間なら、

アリエッティくらい

たくましくないと、

小人として生きていけないと

思うんやけど…。

場面飛びまくって

意味不明なとこもあったけど、

ドラマも多く詰め込まれてた。

最後いいところで

終わったから、

続きよみたい!!

【再読】

作者の目線がすごい。

1.5mmになったら何を見て何を感じるか、という風に書いているのだと思う。

トビーたちは、身なりや感情は人間だけど、人間にはない小さい生き物ならではの感覚を持って生きている。

もちろん、大きい規模の部分では人間に通じる。

ゾウムシが木を食べ続けていって環境が壊れること。

木の秘密をジョー・ミッチに教えてしまうと自分の欲のために木が壊れること。

上司からの体罰がひどいから仲間内で「あれ」を決めてひどいいじめをしていること。

通じているのは人間の汚さか…。

児童書なのに、割と人間の深い部分を描いている。

その中でトビーは、自由に、柔軟に動き回る。

いつでも両親とエリーシャのことが大好きで、3人を原動力にトビーは動き回っている。

面白い小説。