映画・小説の感想棚

映画、小説、アニメなどの感想。作品によって文章量はまちまち。下部よりタイトル検索可能。

トビー・ロルネス 逃亡者

ティモテ・ド・フォンベル

木の世界にすむ

1.5㍉の少年、

捕まった両親を助けるため

何度も命の危険に

さらされながらも

飛び回る…、

1巻の続き。

いやー、ハラハラドキドキ!!!

1巻で整理できなかった

登場人物もちゃんと

繋がってきて、

全部私の予想を

上回る展開になる。

家族の絆もヤバい。

もっと評価されるべき小説!!!

【再読・ネタバレ】

伏線がヤバイ。

1巻は、過去と現代と行き来して、物語の中に入り込むのに苦労したが、ばらばらに登場した人物たちがつながる瞬間が面白い。

なるほどと思ったのは、トビーが、両親がつかまっているというトンブル刑務所に入った時。

トビーの両親を知らないエリーシャは、トビーの両親だと信じていた夫婦に、「もうすぐ息子が迎えに来ます。」という張り紙を見せる。

しかし実際トビーが向かうとそこにいたのは、以前自分をはめたオルメック夫妻と、ちょうど同じように両親を助けに来たレックスだった。

この時のトビーほどの絶望感はないし、読んでてとてもきれいに騙された。

エリーシャがトビーの両親のこと知らないというのも知らなかったしな。

こういう伏線がすごくちりばめられていて、めちゃくちゃ読みごたえがある。

相変わらずトビーは柔軟で諦めないし、児童書って本当に面白い。