映画・小説の感想棚

映画、小説、アニメなどの感想。作品によって文章量はまちまち。下部よりタイトル検索可能。

約束のネバーランド ~ノーマンからの手紙~

孤児院で暮らしている11歳のエマ、ノーマン、レイ。
孤児院で暮らすみんな里親に引きとられることを夢見ているが、里親などおらず、孤児院を出るということは、人食い鬼のえさとして出荷されるということだった…!!


【ネタバレ】

ジャンプで連載している漫画の小説版。
ノーマンは今夜出荷されるため、その日のお昼の自由時間にみんなより先に脱獄する計画だったが、ノーマンは自分を犠牲にし、自由時間にエマに手紙を書いていた。
みんなが無事に脱獄できるようにするための計画、一緒に脱獄を計画していたレイが今後とるであろう行動…。
手紙を書いている最中、ノーマンは施設での出来事を振り返る。

4章に分かれて、4歳、7歳、9歳、11歳、と短編の物語が描かれている。

1,GFハウス幽霊騒動
2,エマが泣いた日
3,鳥籠の中のNER
4.39人目の女の子からの贈り物

タイトルがもうセンスありすぎて…。
特に3.4に関しては読み終わった後、「そういう意味か!」となる。
読み終わった後に、また別の意味を持つタイトルってすごく好き。

楽しくて読みごたえがあったのは、1だけど、いろいろ考えたのは、3,4。

3話目、9歳のノーマン達には、スーザンという、活発で面倒見のいい11歳の姉がいた。
レイだけは孤児院の正体を知っているため、里親に引き取られる兄妹たちを見送っては、次の日に落ち込んでいた、らしい。
本人はもちろん表に出しているつもりはないけど。
スーザンだけは、ノーマンやエマでも気づかないくらいのレイの気分の落ち込みに気が付く。
レイの落ち込みを見ては、自由時間に無理やり遊びに誘う。
レイは、うっとうしいと思いながらも本当はスーザンの気づかいにとても救われていた。
そんなスーザンが、出荷される日がきた。
レイは自分の感情を押し殺し、これからの生活に心躍らせて孤児院から出ていくスーザンを見送った。
スーザンを見送ってしばらくしてから、何も知らないエマとノーマンをよそに、レイは考える。

「きっと今頃スーザンは”鬼”の餌食になっている。ずっと一緒に暮らしてきた姉はもうこの世にいない。それなのに、自分はいつも通りの会話をし、また日常に戻ろうとしている。
(それで、いいんだ…。)」

レイは、いつか来るエマとノーマンとの脱獄に備え、自分を無理やり納得させる…!!

…切なかったな。
漫画は展開がメインでなかなかキャラクターの心情が描かれていることが少ないので、レイの葛藤が描かれた小説を読めてとてもよかった。
子どものレイが背負ってきた背景は重すぎる…。

そして4話。
孤児院一賢いノーマンがみんなに騙される話。
重くなくとても平和な話で、ノーマンのエマに対する恋心も少しふれられる。
漫画でも、エマ、ノーマン、レイの関係について、強いきずなで結ばれているのはわかっていた。
が、エマを好きなノーマンの気持ちを掘られることはなかったので、気持ちを知れてよかった。

4話では、ハウスに出た謎の女の子をノーマンが突き止める話になっている。
あまりにも必死に探すノーマンに、ノーマンの好きな相手など知る由もないレイが聞いた。

「『ノーマンさ、その”女の子”のこと』
『いや、違うよ。僕は』
『まだ何も言ってねーし』
目に見えて狼狽しているノーマンに、レイはからかうように言ってその場を立ち去った。
『はぁ……もう』
ノーマンは口を押さえた。危うく自分が口走りそうになった言葉を思い、内心冷や汗をかいた。ため息混じりに小さくつぶやく。
『……僕の好きな子は、違うよ』」

…ノーマン可愛すぎる。
ノーマンはレイと並ぶくらい冷静沈着なので、焦っているというだけでも可愛いのに、その焦りの原因がエマに対する恋心だと思うと尚更可愛い。

とても良いノベライズでした。