映画・小説の感想棚

映画、小説、アニメなどの感想。作品によって文章量はまちまち。下部よりタイトル検索可能。

ソーイング・ビー2 7~12話

裁縫得意なアマチュアの中から、ナンバー1を決めるイギリスのドキュメント番組。
シリーズも折り返し、ついに優勝が決まる。

【ネタバレ】

やっぱりここに出てる人みんな優しいから、こんなに惹かれる番組になるんだろうな。
課題中、対戦者が困っていれば、迷わずみんな助ける。
私が今まで見てきたこういう対決ものでは、相手が困っていれば、「しめた」と思い助ける人はいなかった。
個人戦だから当たり前だけど。
でも、この番組では、対戦者同士が助け合うのは当然だし、見回りに来た審査員も、「こうした方がいいんじゃないか?」とアドバイスをくれる。
こういうやり取りがとても素敵。

勝戦で、型紙通りに服を作らないといけない課題。
決勝ということもあり、指示書が今までより不親切で、型紙をどう使っていいのかわからずてこずっていたおばさまのローナ。
そこでもう2人の男性対戦者、マットとニールがローナを助ける。
ある程度教え、その後それぞれ自分の持ち場に戻った2人は、こう語る。

ニール「ローナには、助けてもらったことがあるんだ。型紙で悩んでいないで、いつもの見事な技を見せてほしいね。」

マット「誰かが困っていたら、当然助ける。僕はただ、公平に審査してもらえればいい。」

そして時間がきて、型紙課題の審査。
3位マット、2位ローナ、1位ニール。
謙虚なおばさまのローナは、2位をくれてほめてくれている審査員に言う。

「私、2位の資格ないわ。マットのおかげだもの。」

さらに審査が終わった直後のインタビューでも、

「2位は、マットでなきゃ。ニールと一緒に助けてくれた。2人がいなきゃあの服は縫えなかったわ。」

と答える謙虚さ…。


シリーズを見終え、選手たちのその後をネットで探す。
ローナは、残念ながら闘病の末、亡くなっているらしい。
スタイルよくてセンスよくて謙虚、本当に魅力的なおばさま。
見た目もっときつい人かと思っていたけど。
とても素敵な女性だ。

ライアンとデボラが、放送当時25・26歳と若いのびっくりした。
ライアンは若そうだっけど、デボラもそんなに若かったんだ。

みんな一生懸命で謙虚で、本当に素晴らしい番組だった。