映画・小説の感想棚

映画、小説、アニメなどの感想。作品によって文章量はまちまち。下部よりタイトル検索可能。

ピノキオ

木の人形を造ったおじいさんは、ピノキオと名付け、星に、「ピノキオが人間の子どもになるように。」と願う。
ピノキオは木の人形のまま人間の子どもになったが、嘘をつき非行に走ってしまう…。
1940年アメリカで作成されたディズニーアニメ。


【ネタバレ】

1940年の映画っていうのがすごすぎる。
太平洋戦争前~初期くらいじゃないか?
そのころにもうあんなになめらかに動くアニメが作られていたなんて…!!
すでにディズニーらしさが確立されている。
タバコの煙を具現化してそこにビールの泡つける遊び心、すごいディズニーっぽい…。
「星に願いを」もきれいな音楽。

ピノキオは、「悪い子」というより、世間知らずだから誘惑に負けてホイホイついていくんだろうな。
子どもらしくてかわいかった。

ロバにされた子どもたちは元に戻ったのだろうか。