映画・小説の感想棚

映画、小説、アニメなどの感想。作品によって文章量はまちまち。下部よりタイトル検索可能。

銀魂 104~130話

定春を動物病院に連れて行った神楽、そこで死にかけの犬、金太郎と出会う。
神楽は金太郎を、死にかけの飼い主のじいさんに会わせてやろうと桂と行動する…!!

【ネタバレ】

見れてない部分もあるけど、ざっと動乱編後半から死にかけのじいさんと犬編まで。

犬とじいさんのやつ、じいさんの「自分が先に死んで友を悲しませたくないからお前ら早く死ね。」という価値観。
その考え方は私にはわからないけど、それを貫こうとする不器用な頑固者じいさんを嫌いにはなれない。
最後は鳥肌立った。
神楽が土手に花添えるところからのエンディング。
夏目友人帳」方式というか、歌詞もなんか内容に合ってたしな。
銀魂は、ゲストキャラメインの話でも面白い話多くて好き。

動乱編は、間抜けなトッシーの声から鬼の副長土方十四郎の声になるまでのグラデーションヤバイ。
同じ声なのに、同じ声の中でキャラ分けできるのほんますごい。

当たり前だけど、沖田も土方ももうたくさん人を殺してるんだなって思った。
伊藤の過去が切なすぎた。